もしものサイト削除|原因はTwitterの引用方法だった

 

もしもアフィリエイトのサイト削除

このブログのもしもアフィリエイトの登録が削除されたというメールが届きました。今回はサイト削除から復活までの流れを紹介したいと思います。

原因

f:id:motimoti444:20201114130953p:plain

原因は「Twitterを引用元とする場合は公式の埋め込みコードで表示していなかったこと」です。

 

よく他のブログサイトでも見られる

「〇〇〇〇〇」

引用元:Twitter

という風なTwitterの表記の仕方は駄目とのことでした。

 

問題があると思われるページ例にリンクが張られており、そのページを修正しました。

※ここに記載されているページだけではない可能性もあるので、サイト全体を周回しました。

 

 

 

サイトが削除されるとどうなる?

サイトが削除されるとかんたんリンクで貼っている商品がリンク切れになってしまいます。そのため早めに修正することをおすすめします。

 

サイトの復活

サイトの復活はそのサイトを修正し、届いたメールに返信することで可能です。

その際には届いたメールを引用して、修正したことを記載します。

メールを送ってから2時間後にはサイトが復活されていました。対応がめちゃくちゃ早くて驚きました。

 

復活した後は広告の貼り替えなどの必要はないのですが、プロモーション提携が申請中になってしまっている場合には再度、広告主の方の審査が行われている状態なので審査結果が出るまで待ちましょう。

 

 

 

おわりに

今回はもしもアフィリエイトのサイト削除のメールが来た時の話でした。

私の場合Twitterの引用はページを開いた時に表示されるのが遅かったり、綺麗に表示されない時があり公式が提供している埋め込み方とは違った書き方にしていたがよくなかったみたいです。

 

「Twitterの引用は公式が提供している埋め込みコードで表示しないといけない」ということが今回勉強になりました。

他のブログでも同じ書き方をしていたので、そちらも急いで修正しました。

 

急にサイトが削除されると聞くとかなり焦ると思いますが、サイトを修正することでサイトは復活が可能なのでそこまで焦ることはないと思いました。

同じようにサイトが削除されたという方が何人かTwitterで確認でき、何かそういう期間なのかなという風にも思いました。

自分のサイトをもしもアフィリエイトに登録しているという方は、Twitterの埋め込みは公式の埋め込みコードを使って表示させるようにしましょう。