【HSP】誰かと一緒にいる時のつらいを変える方法を紹介

HSPの中には、友人と出かけた時や話をしている時などに

  • 「何かよくないことを話してしまったかな…?」
  • 「自分なんかと遊んでいて楽しいのかな?」
  • 「楽しいと思ってくれているかわからなくてつらい。」
  • 「何か面白い話をしなくては…」

などいろんなネガティブな想定や考え事をしてしまうという人がいるのではないでしょうか?

私もよく友人と遊んでいるときにこういう風に考えてしまいがちでした。しかし本来楽しいはずの休日の時間で疲れてしまっていては元も子もないと思います。

そこで今回はこういう思考をしてしまうHSPの方に向けてそういった考え方を変える方法を紹介したいと思います。

 

相手を自分と同じHSPだと思わないようにする

f:id:motimoti444:20201011221416p:plain

HSPである私は人の顔色や表情から、「今こう思っていそう」「楽しくなさそう」「何かあったのかな」「帰りたそう…」などとよく考えてしまいます。

私はHSPの存在を知るまでは私もどんな人でもそういう風に他人を観察して、相手の機嫌をとったり、相手を気遣ったりしているのが当たり前だと思っていました。

 

しかしそれは間違いで、HSPではない人間は「そもそもそこまで他人を観察していない」ですし、自分と同じように「何かに気づいたりしない」ということをまず知ってもらいたいです。

 

私が友人と話していた時の体験談

これは私が実際に体験した話です。

友人と話をしていて、友人の表情が曇っているように感じたことがありました。

私は「自身が発した言動が気に障ってしまったのかな?」と思ってしまい、少し経ってから思い切って聞いてみました。

「ああいうこと言ってしまったんだけど、もし気に障ったならごめん。」というように話しました。友人は私が話した元の発言自体をを全く覚えておらず、

「全然覚えてないや(笑)」「そんなこと気にしなくていいのに~」「気をつかいすぎ」と言いました。

 

このように相手が「そもそも全く気にしていない」「気づいてもいない」ということが結構あります。(この時は友人はお腹が痛かったようで、それ関係でしんどいとは言っていました。)

HSPである私は自分がそういう風に今までいろんなことに気づいてきたから、相手もきっとそうだろうという風に思いこんでしまっていたのです。

そういった思い込みのせいで、自分を押し殺してしまっていたり、相手に気を使いすぎてしまったりして、HSPの私は自分で自分を疲れてさせてしまっていたのでした。

 

前提から変えてみる

そのため私は、まず考えの前提から変えてみることにしました。

「自分の気づいた・気にするようなことを相手も気づいたり、気にしたりしているはずだ。」という考えを捨てて、自分が繊細な人間で他の人が気にしないようなことを気にしてしまう気質を持っていることを知り相手はそこまで気にしたり、気づいたりはしていない。という風に考えるようにしました。

 

相手は気づいたり、気にしたりしていないのですから、自分が気づいていない相手にそこまで気を使う必要がないということは分かってもらえると思います。

そういう風に自分や相手のことを知ることで、相手と話をするときのストレスがかなり減ってくると私は思います。そしてそれプラス、誰かとお話をするときには自分のペースを守るように心がけるといいと思います。

 

仕事相手のならまだしも、友人相手なら無理に相手に合わせる必要性はそこまでないと思います。せっかく休日に友人と話をしているのに、緊張感のせいで疲れてしまっていては、遊ぶこと自体を避けるようにもなりかねません。私は実際遊ぶこと自体結構避けてきてしまって、最近遊ぶ人はほとんどいません。

 

そういう風にならないためにも、相手のとの距離間を持って、自分のペースでお話をすることをおすすめします。

 

 

 

おわりに

今回はあることを知ることで誰かと一緒にいる時の「つらい」を変える方法を紹介しました。

  • 相手を同じHSPだと思わないようにする
  • 自分が気づいているからといって相手も気づいてるとは限らないことを知る
  • 人と話すときは自分のペースを守るようにする

今回は友人との間で起こったことを例に挙げてお話してみました。

私はHSPを知らなかった時にこういうことがあって嫌だという風に母と妹に相談したことがあります。母と妹はHSPではないので、「気にしすぎ」「考えすぎ」「誰もそこまで考えてない」という風に言われました。

 

このように、HSPとHSPではない人との考え方や感じ方にはかなり差があると考えていいと思います。HSPの人とHSPではない人の差を知ることで、今まで悩んだりつらいと思っていたことが少し楽になることを私は実感したので、今回お話させていただきました。

HSPは特に人間関係でストレスをため込みがちな気質なので、少しでも自分が楽に人と関われるように考え方を変えてみてください。きっと今よりは人間関係に悩むことが少なくなると思います。